omiん家の土地、北玄関の土地60坪強をゲット!しかしおすすめは南玄関だよな

スポンサードリンク




土地は選んでないけど決まっちゃったomiです。

土地選びって大変でしょうね?例えば勤務先からどーしたとか、日当たりがどーしたとか、角地がどーしたとか。良い土地であればあるほど高いみたいです(当たり前ですが)

omiはその土地選びをショートカット出来ました。小さな頃から住んでいた土地を親から譲り受けたのです(ただじゃないよ)住み慣れた街、生まれてから死ぬまでここでいいじゃんって感じです。

今回はその土地の詳細を調べてもらった結果、ちょっと残念な土地だったのでご紹介をさせて頂きます。

スポンサードリンク




土地の間取り

そもそも土地の間取りって言葉があるかは不明でありますが、今回そう呼ばせて頂きます。何故かと申しますと土地を尺モジュールで表したからです(そうしたほうが間取りを考えやすいかなと)それではomiのゲットした土地を見て下さい。

よくある土地の大きさかと思います。

縦(南北)が17.6m、横が11.9mで計63坪らしいです(工務店に土地の場所を言うたら勝手に測定してくれました)

これを尺モジュールの910で割ると、約縦19×横13となります。

こんだけあれば十分いろんな事出来ますやーんって思ったのですが、いやいやいやそれなりに自由度は無かったのだったのです。

駐車場を4台分確保したい

omiん家はど田舎ですので車は一人一台が当たり前なのです。なので絶対に譲れない条件は駐車場4台分の確保なのです。前の道路は車がすれ違うのがせいぜい(おそらく5mぐらいか)なので来客も路駐は控えた方がよい。家族はおそらく3人~4人になるだろう、そして縦列駐車はヤダ←これはうちの両親、及び現賃貸で嫌と言うほど味わった結果です。なので北の道路に面した部分に4台持ってくるのが理想。いや、必然。

駐車場の広さは軽自動車を考えずに縦5.5m×横2.5mが標準って考えた結果…

4台確保しました!1台縦910×6マス=5460cm、横910×3マス=2730cmが削られるが4台納まりました。今二人暮らしですが、これで子供が出来ても後20年は来客が2名来ようと対応可能だという事になります。

ならば残りの土地は自由なのか?って考えたのですが…

隣と1mは開けなければならない

よく都会では隣との距離がキワッキワに建てられてる物件があります。omiもそんな事が出来るのかと思い工務店に尋ねました。

「これって極端な話、キワッキワに建てても問題無いの?」

すると答えは

「1mは確保してください」との事。要はこの土地では北は道路だが東西南と家が隣接しており、隣人との境界線からは1mは開けろとの事。って事はだ。

こーいう事です。

横は10マス(9100)がMAXと言われました。11マス(10010)はダメだと…ちーん。両サイド1マスちょいを開けなければならない。11マスならある程度の間取り案があったのですが撃沈しました。

最悪裏技で残り455(0.5マス)なら伸ばせると言われましたが、おとなしく10マスで考えましょう。家具の搬入とかいろいろスペースあった方が良いかと思いましてな。

隣人の家は南から最低6m離れていた

北玄関の土地って南に家が建ってるので南から距離を取らないと日が当たらないんですよね。これが冬至でも日を差し込まそうとするとかなり距離取らなきゃいけませんのでどうしたものかと考えたのですが、ちょっと隣人の建て方をパクったろと思いまして、こしゃっと測りました。

その結果…

西の隣人は6マスちょいで6000、東の隣人は6マス弱の5200ほど離れている事が分かりました(東の隣人はプレハブみたいなもん建ってたんだけどそれは省略)

て事はomiも5~6マス開けなければならないのか?

北玄関の間取りは難しい

家は大きく北入りと呼ばれる北玄関と南入りと呼ばれる南玄関がほとんどかと思います。そして今回北玄関の土地を確認すると南玄関より間取りの構想が難しそうな事が判明致しました。

ぶっちゃけ南玄関は、南に駐車場どーんっと持って来てその後ろに好きなだけ庭を確保して、その後ろに家ドーン、これで終了。頭要らない。考える必要無し。これが一番手っ取り早いって気がしますが、北玄関はムズイ。駐車場と庭の間に家が建つ感じですから、どんだけ南から離すのがベストなのかを考えなければいけません。

離しすぎると家は小さくなり、ひっつけすぎると家が暗くなる。なるほど、家建て初心者に難問出してくるやん。

しかし、これをクリアすれば北玄関の土地は南玄関の土地より安いらしいので何でもかんでも南がいいとは限りません。無尽蔵に金があれば南玄関の土地を買った方がベストでしょうがね。

さてと、この難問どう解くべきか…。

omi

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする