トイレの収納すっかり忘れてた!標準では収納不足が否めない

トイレ
スポンサーリンク

トイレの中の収納について…え?普通でイイですけど。なんてメーカー任せになっていませんか?賃貸時代に突っ張り棒で苦労した事も忘れて。トイレの収納なんてどうでもいいんだけど、そんな事より便座は温かくしたいしタンクレスでーって…って考えてるママ、お待たせしました。

結論から言いますと、トイレ収納は標準仕様では足りませんよ!

注文住宅を建てる際、トイレの収納について考える人は少ないと思いますが、備え付けの収納って意外と足りないんです。結果、トイレ用品をあちこちに収納してダブり買いするのが目に見えます。ここでは、トイレにどれぐらい収納が必要かについて説明してみようかと思います。

今注文住宅を計画中の方で、トイレの収納について標準仕様でイイでしょって考えている人、ほんのちょっとだけわたしの大きなひとりごとにお付き合い下さい。

スポンサーリンク

賃貸はトイレ収納がなく本棚

賃貸時代のトイレは、収納なんてありませんでした。

床にはトイレマット、トイレスリッパ、そしてトイレブラシが置いてあり(当然トイレカバーもしてました)その横のデッドスペースに使っていなかった本棚を無理やり設置し、そこに消臭スプレーを置くという斬新なスタイル※今思うと掃除がめんどくさかった

本棚の中にはトイレットペーパーの予備をひとつだけ置き、残りはティッシュやキッチンペーパーといっしょにキッチンに置いてました(トイレ内に長期間裸で置いておくと、菌が付きそうな気がして嫌だった)

他、生理用品とトイレカバーの予備。そしてトイレ用洗剤はなぜかトイレじゃなく洗面所に置くという発想力。何故そうしていたかは、もはや神のみぞ知る状態。

今改めて見てもそんなに汚くは見えませんが、生活感満載。いわゆる「キレイなトイレ」とはほど遠いのが自分でも分かります。これはきっと、いろんなモノが目に入る場所にごちゃごちゃ置いてあるのが原因なのでしょう。

●収納がないとごちゃごちゃに

当時はキレイだなと勘違いしてました

理想的なトイレ収納の3原則

ここで、理想的なトイレを考えてみました。

ホテルライクやミニマリストという言葉に憧れ、生活感を無くしたいと思っている人も増えてきた時代。一般人の理想として、豪華じゃなくても清潔感のあるシンプルでキレイなトイレにしたいと願うのはわたしだけではないでしょう。

そうすると、モノは最低限、不要なモノは持たない、どうしても必要なモノは床には置かず、見えないように収納の中に隠す。そして、在庫把握や使いやすさも考えてトイレで使うものはトイレ内に収納する。それがわたしが目指す理想のトイレです。

●見せない置かないトイレ内

トイレに必要なのはやはり清潔感

トイレ収納の指示を忘れてた

そこまで考えてたのに、トイレ収納についてミスを犯しました。

トイレの間取り検討時、「トイレの収納どうする問題」の前に「トイレの手洗いいるいらない問題」が勃発しており、当時は今ほど手洗いなしが普及していなかった事から、わたしは敗北してしまったのです(わたしは不要派でした)

そんな一戦の後でしたので一階のトイレはもう標準でイイやって投げやりになってしまい、収納の事について検討するのを忘れ、あれだけ考えてたのに標準装備で家が建つことになりました。

(このミスがプチ後悔につながるとは、この時知る由もありません)

●やってはイケない痛恨のミス

間取りは気を抜いたらそこで試合終了

リクシルの標準では収納不足

標準仕様で住み始めた結果、トイレ内にモノが納まりきりません。

賃貸時代よりも持ち物を厳選しミニマリスト並みに必要分だけにしたにもかかわらず、わたしがトイレ内に収納したかったすべてを入れるには、標準仕様の収納力はあと一歩及びませんでした。

しかしながら、すぐ横の洗面所収納に生理用品の一部とトイレットペーパーの一部を収納することで、トイレ自体はシンプルで清潔感のある理想のトイレにはなったと思っています。

トイレで使うものは(ストック品含め)トイレ内にすべて入れる…この願いが無残にも実現出来なかったのが悔やまれます。

●トイレ収納は大容量にすべし

後ちょっとだけ足りなかった

トイレ収納で失敗しない方法

家作りは考える事が多過ぎて、トイレの収納量まで集中力を持たすのはなかなか困難です。そんなもんテキトーでイイやってすると間違いなく後悔してしまいます。わたしのように凡ミスをしたくない人は、プロに間取りを依頼するのがベストです。

注文住宅会社があなたの要望や希望に基づいて、家づくりに必要な「間取りプラン」を無料でご提案するサービスがあり、ネットで簡単に複数の住宅会社にオリジナルの「家づくり計画書」を依頼出来るんです。

●住宅展示場に行かず複数の住宅会社に合わずに自宅で家づくりが可能
●複数社のプランを同時に比較・検討できる
●利用は全て無料←無料以外ならやりませんよ

ちょっとでも気になる人は下記リンクから↓↓↓

最適な間取りをご紹介|タウンライフ家づくり
タウンライフ家づくりは、当アドバイザーより、全国の優良企業から、あなたに合った注文住宅会社をご紹介いたします。無料であなたに合った注文住宅会社へとアテンドするサービスです。

トイレ収納にこれだけは必須

トイレ収納について、最低限これだけは入るか確認してください。

個人的には標準のトイレの一畳ってかなり広めです。トイレで使用するものはすべてトイレ内に収納出来るポテンシャルがあるにも関わらず、標準仕様ではやや物足りない。今の考えている収納で下記のモノがすべて入るのかは最終チェックしておいて下さい。

トイレットペーパーは12個

トイレットペーパーは最低12ロール入る場所がある事。

トイレットペーパーの基本は12ロールで販売されています。トイレ内に、トイレットペーパーホルダー以外で12ロール収納できないトイレは、収納失敗と言ってもいいでしょう。当然菌が飛び散らないように扉付きがベスト。これが最低限必要な収納です。

ペーパーホルダーは2連対応

トイレットペーパーホルダーは2連式である事。

トイレットペーパーホルダー、いわゆる紙巻器は2連じゃないとダメ。トイレ中に紙が無くなっても立つことなく次が使えるのと、残り二つになったら予備を買いに行くという目安にもなります。

トイレットペーパーは2倍巻を使用しており、残り2つで1週間ぐらいは持ちます※うちの家は。休みの日にストックを買うという習慣にすれば購入したすべてをトイレ内に収納可能であり、トイレ以外に余分な在庫を持つスペースは不要なのです。

ブラシや洗剤などの掃除用品

掃除用品がすべて収納出来る場所がある事。

掃除用品は、スクラビングバブルと豆ピカだけで何とかなる事に気付いたので、この二つを手洗い下の収納に。トイレブラシを使用している人は、ブラシが見えないように収納出来る場所があるかどうか確認しなければなりません※ここに入るのかは不明

女性用のナプキンら生理用品

生理用品がすべて収納出来る場所がある事。

残念ながら、標準仕様にはこのスペースがありません。

未だ何がどれぐらい必要か把握出来ておりませんので正確には助言出来ませんが、トイレットペーパー4つ分ぐらいのスペースは必要なのかなと思います。標準装備ではこの部分が考慮されておらず、トイレ以外に収納場所が必要となりますので要注意。

●トイレットペーパーは12個
●ペーパーホルダーは2連対応
●ブラシや洗剤などの掃除用品
●女性用のナプキンら生理用品

注文住宅を建てる際、トイレの収納についてのお話でした。適材適所、トイレで使用するものはトイレに収納する事が基本です。トイレは標準仕様以上に収納をいっぱい作ること、今一度検討してみてください。

今回の記事を読んで考えた結果、トイレの収納は余るぐらい大容量にしておきました!って言われる日を心待ちにしております。

パパオミより

コメント

タイトルとURLをコピーしました