子育て世帯にはソファはいらなかった!数年後に買うのが正解

リビング
スポンサーリンク

【PR】

リビングにはソファがあるのが当たり前。いつからか日本はそんな時代になりました。ソファがなかったらどこでくつろぐのか意味不明ですもんね。

わたしも、リビングにソファが欲しくて新築時に買っちゃいました。

しかし、ソファのある暮らしを 4年間 過ごしてみた結果、子育て中はむしろソファはなくてもよかったじゃんって後悔してるんですよ!

この記事の概要 ソファはコスパが悪くて後悔した
 小上がりはソファの代わりになる
 子育て世帯にはソファはいらない

ここでは、リビングに当たり前のように置かれているソファのある暮らしを体験したわたしが、むしろソファはいらなかったと後悔している理由についてお話をさせてください。

今注文住宅を計画中の方で、リビングにはソファが必要だと思っている人、ほんのちょっとだけわたしの大きなひとりごとにお付き合い下さい。

スポンサーリンク

リビングのソファが大活躍中

うちのリビングには 3人掛けソファ とオットマンがあります。

毎日食事後にくつろいだり、お昼寝をしてみたり、うたた寝してみたり、妻や子供らが実家へ帰るときは夜がっつり寝てみたりと、なくてはならない存在になってます(寝てばっかですけど)

やっぱソファっていいよね

ソファを買って後悔してる事

それでも後悔しているのは、たったの 3年 でボロボロに破れてしまったことでした。

ソファ本体が 約20万円、交換用のカバーは 3万円 もします。ざっくり計算すると維持費が年間 1万円。高過ぎるでしょ!こんなコスパの悪い家具は見たことがありません。

ぶっちゃけソファは買ったら一生ものだと思っていた無知なわたしにとって、ソファに維持費がかかるのは衝撃的でした。こんな金がかかると知っていたら買ってなかったかも知れません。

デメリット 寿命が早くてコスパが悪すぎ

ソファは最悪の金食い虫やわ

ソファがないメリットとは何

そもそもソファは必要だったのか、最近ではそう思うようになりました。

ソファのない暮らしを実践している人もいます。実際わたしの子供のころもソファではなくこたつ、リビングではなく居間でした。もしソファがなかったらこんなメリットが想像できます。

メリット リビングが圧倒的に広くなる
 床掃除が楽でキレイを保てる
 ソファの事故がなくなり安全

リビングが圧倒的に広くなる

ソファがなくなると、めちゃくちゃリビングが広くなります。

リビングが広ければ広いほど、子供らは元気に遊べますよね。子育て中はママ友とかが集まる機会も多く、同時に子供たちも連れてきます。子育て中に必要なのはソファではなく広さなんです。

床掃除が楽でキレイを保てる

ソファがなくなると、掃除がめちゃくちゃ楽です。

ソファの下はほこりが溜まったりおもちゃがまぎれこんだり、何でも吸い込む魔の空間と化し掃除するのも一苦労。ソファがなければクイックルワイパーでささっで終わりですよ。

ソファの事故がなくなり安全

ソファがなくなると、子供たちは安全に遊べます。

ソファって子供らにとってはおもちゃ。トランポリンのようにぴょんぴょん跳ねたり、よじ登ったり。だからこそ、そこから落ちたりする可能性もゼロじゃない。その不安もなくなります。

子育て中には嬉しい事ばっかし

ソファがない事のデメリット

ただ、ソファをがないことによるデメリットも存在するのです。

当たり前にあるソファ、これをなくしてみるとどうなるのでしょうか。ソファのある暮らしを数年間続けた経験をふまえて、ソファがないと何が困るのか考えてみました。

デメリット 来客がくつろげる場所がない
 ちょっと昼寝する場所がない
 足や腰が悪いと生活がキツイ

来客がくつろげる場所がない

よく言われるのがこれ、来客はどこへ座ればいいのか問題。

客が来た場合、短時間ならダイニングでいいですが長時間の滞在だとソファに座らせたい。さすがに床じゃしんどいですからね。もちろん家族も同様くつろぐ場所が床って微妙でしょ。

ちょっと昼寝する場所がない

最大のデメリットが、ごろ寝をする場所がないということ。

うちはソファ=寝る場所なんですよ。わたしだけじゃなく子供らも朝ゴロゴロしたりしてます。急に眠気が襲った時、風呂に入らずとも寝れる場所がなくなるのは生活に支障をきたします。

足や腰が悪いと生活がキツイ

床での生活は足腰に負担がかかると言われています。

人間 40歳 も過ぎると身体のどこかしらが痛くなります。うちの妻も足が悪く正座ができない身体。そう考えると、健康でない人がソファをなくすというのは難しいのかも知れません。

ソファで寝落ちとかはしたいよね

デメリットは小上がりで解消

そんなデメリットをすべて解消してくれるのが、小上がりの和室でした。

来客は誘導せずともここに座るし、昼寝もできる、腰掛けるのにいい高さ(40cm)にしているので足腰にも負担はありません。今思うと、小上がり和室があればソファはいらなかったなと。

メモ 子育て中はソファはいらない

結局は小上がりが最強って事ね

もしソファを買うなら数年後

ソファのある暮らしをして気付いたのは、子育て中はない方がよかったということ。

子育て中はママ友が子供をつれて来ることも多く、リビングには広さ、清潔さ、安全性が好まれると感じました。もし買うとしても 10年後 ぐらいが良かったのかなと思った理由をまとめました。

メモ ソファで子供が遊ばなくなる
 来客が減るから狭くてもイイ
 大人がくつろぐ時間が増える

ソファで子供が遊ばなくなる

子供が小学校にあがれば、もうソファでは遊ばないでしょう。

未就学児ではソファはボロボロになるまで遊ばれますが、ある程度大きくなれば本来の用途「座る、くつろぐ」として使ってもらえると思います。そうすると急激な劣化もなかったのかなと。

来客が減るから狭くてもイイ

子供が大きくなれば、来客も減ると考えてます。

育休中などは頻繁に遊びに来てたママ友たちも、仕事に復帰するとほとんど来なくなりました。もう広いリビングは必要ありません。最低限 家族4人 がくつろげるスペースがあれば十分でしょう。

大人がくつろぐ時間が増える

子供が成長するにつれて大人の時間が確実に増えます。

赤ちゃんのころは一日中子供の面倒をみる必要があり自分の時間など持てませんでしたが、今やのんびりくつろぐ時間もあります。そのときこそ満を持してソファの出番だと思いませんか。

ソファは後で買うべきだった

ソファのない暮らしのご提案

結果、新築時にソファを購入する必要なかったのかなと思いました。一番後悔しているのは維持費、まさか3年でボロボロになるとは夢にも思いませんでした。

もしこの記事を読んで、ソファのない暮らしにしてみようという人がいるのであれば、プロに間取りを依頼してみましょう。

【PR】タウンライフ

注文住宅会社があなたの要望や希望に基づいて、家づくりに必要な「間取りプラン」を無料でご提案するサービスがあり、ネットで簡単に複数の住宅会社にオリジナルの「家づくり計画書」を依頼出来るんです。

《メリット》●住宅展示場に行ったり、何度も複数の住宅会社に合わなくても、自宅で家づくりが進められる!
●複数社のプランを比較・検討できる!
●利用は全て無料!

ちょっとでも気になる人は下記リンクから↓↓↓

注文住宅の間取りと費用相場の一括比較サイト|【公式】タウンライフ家づくり
【タウンライフ家づくりの注文住宅】注文住宅をするなら、タウンライフ家づくりにお任せください。間取り作成と費用相場の比較、優良ハウスメーカー、工務店に新築一戸建ての間取り作成依頼が一括で可能です。

ただ数年後に買うかは怪しい

新築時にソファを買わずに数年後に買う、その選択肢がベストと思います。

ただ、そんな計画通りに人生がうまく行くはずはなく、結局買わずに終わりそうな予感。この「後で買う」というのは正直実現しない可能性が高いんです。その理由がこちら。

注意 ソファのない暮らしが標準に
 激狭になるのを耐えれるのか
 こたつの方が欲しくなるかも

ソファのない暮らしが標準に

もうソファのない暮らしが定着してしまいそう。

何年も過ごすとそれが普通。きっと数年もすれば、家族全員ソファがなくても支障のない生活になっているはずです。とすると、ソファが欲しいのならやっぱ最初に買うべきかなと。

激狭になるのを耐えれるのか

ソファはとてつもなくデカい存在感のある家具です。

何もない 8畳 のリビングで暮らしていた家族が、急に体感 6畳 ほどになることに耐えられるのでしょうか。床面積は約半分ほどになるんですよ。この落差は正直ヤバい。

こたつの方が欲しくなるかも

正直、ソファよりもこたつが欲しくなってきました。

4年間 住んで思ったのは、個人的にはソファよりもこたつに憧れるということ。夏は何もなくもすっきりと、冬はこたつを置いてダメ人間に。これがわたしの理想の暮らしなんです。

ソファはもういらんでしょ

まとめ

注文住宅を建てる際、リビングにソファはいるのかいらないのかについてのお話でした。

ぶっちゃけ小上がり和室があれば必要はないかと思います。わたしは今さら引き返せずソファを使い続けますが、皆さんはリビングにソファが必要かどうかを真剣に考え直してください。

今回の記事を読んで考えた結果、リビングのソファはなしにしました!って言われる日を心待ちにしております。

ソファを買うなら慎重にね

コメント

タイトルとURLをコピーしました