洗面所と脱衣所を分けるだけではダメ!脱衣所を甘く見た末路

脱衣所
スポンサーリンク

【PR】

洗面所と脱衣所って分けた方がいいんでしょ?特に女の子がいる家では必須レベルとも聞くし。今まで2畳という狭い空間に洗面と脱衣がぶち込まれててごちゃごちゃしてたけど、別ければすべて解決。あー良かった…って考えてるママ、お待たせしました。

結論から言いますと、洗面所と脱衣所は分けるだけではまだまだです!

注文住宅を建てる際、洗面所と脱衣所を分けただけで喜んでいる人、それだけではきっと後悔するかも知れません。ここでは、洗面所と脱衣所を別にしてドヤ顔していたわたしが、結局脱衣所に不満がありすぎて涙を流してますよっていうお話をさせてください。

今注文住宅を計画中の方で、洗面所と脱衣所を分ける間取りでもう満足している人、ほんのちょっとだけわたしの大きなひとりごとにお付き合い下さい。

スポンサーリンク

洗面所と脱衣所が別の間取り

うちは、洗面所と脱衣所を分ける間取りにしました。

洗面脱衣所ってどこの家でも「誰かが風呂に入っている時に限って歯磨きしにくる問題」があるはず。これではプライバシーもクソもありません。その理由は「洗面」と「脱衣」っていう異なる作業を同じスペースにまとめてるからだと思います。もうそんな間取りはやめましょう。

●女の子がいる家はもはや定番

洗面所と脱衣所はもう分けようね

脱衣所を甘く見すぎてた結果

わたしは、洗面所と脱衣所は分けとけばイイだろうと高を括っていました。

実際その考えは甘ちゃんでした。引き渡し後、タオル掛けの設置、Wi-Fiブースター、衣類乾燥機、コンセント増設、ヒートショック対策などなど、脱衣所という狭いスペース内に後から追加のオンパレード。完全に脱衣所を軽視していた結果です。

●引き渡し後に雑な改善が必須

いつまで改善すればいいのやら

改善が出来ない後悔ポイント

残念なことに、もう手遅れな場所も発覚しました。

追加して何とかなる内容であればまだ救いでしたが、もうどうしようもない内容もあります。あの時洗面所と脱衣所を分けただけで喜ばずに、もっと真剣に脱衣所について調べるべきでした。この後悔ポイントが誰かの役に立てればと思います。

洗濯物の場所が通路の真ん中

真ん中に干された洗濯物が邪魔でイラってする。

当初はパイプを2本設置出来るよう依頼していたのですが、天井点検口があり1本しか無理との事で、真ん中に設置をお願いした記憶です。風呂に入る前に洗濯物が干されていると、歩いているだけで身体に当たるし脱衣時にも邪魔でイラってします。

洗濯カゴ置き場を考えてない

洗濯カゴの定位置がなく右往左往しています。

洗濯カゴの置き場は間取り作成時には正直考えていなかったと思います。この謎の存在感。普段はチェストの上に置いていて気にならないのですが、風呂に入る時にはそこには着替えを置きたいので、洗濯カゴは脱衣所の外へ放り出すのが日課です。

部屋着やパジャマの一時置き

部屋着の一時置き場を脱衣所に作りたかった。

一度着たけど洗濯しないものってありますよね、部屋着とかパジャマとか。その置き場が決まってなくて今は階段のベビーゲートに掛けてしまってます。見栄えも悪いし、階段の上り下りを邪魔してます。これも脱衣所に置き場があれば良かったのかなと思います。

●洗濯物の場所が通路の真ん中
●洗濯カゴ置き場を考えてない
●部屋着やパジャマの一時置き

これを改善するのはもう無理です

まだある地味な後悔ポイント

プチレベルですが、まだまだ後悔ポイントがあります。

今まで洗面脱衣所という空間だったのに、分けた後の状態を想定して作り込むってのは無理がありますよね。だけどせめて、脱衣所=ランドリールームって観点でもうちょっと考えれたら良かったのかなと思います。ここも出来れば改善したかった内容です。

サーキュレーターを付けたい

脱衣所にはサーキュレーターを付けたかった。

今は夜洗濯しています。乾燥機で乾かせない服は脱衣所に干して、朝30分だけ浴室乾燥機を使っています(何となく湿っている気がして)真冬でもこれでイケたので大丈夫だとは思いますが、念には念を入れてサーキュレーターでもうちょっと早く乾くようにしたかったです。

衣類乾燥機の位置が高すぎる

衣類乾燥機が高すぎて中身が見えない。

洗濯機の上に衣類乾燥機を設置したのですが、日本人の標準身長のわたしでも中が見えず、ときどき靴下とかパンツが中に残っています。フィルター清掃もしなければなりませんので、乾燥機はもうちょっと低い方が良かったかなと思います。

椅子の収納場所が欲しかった

椅子を片付ける場所が欲しかった。

North Orange 木製 スツール 3本脚 椅子 ダイニング 高さ42cm (座高39cm) デンマーク デザイナーズ MILKER's chair ミルカーズチェア
およそ15世紀のデンマークで、半円形の板に3本脚をつけたスツールが農場での乳搾り作業に使われていました。凹凸のある地面でもガタつくことのない3本脚は作業に適した構造で、その後17世紀になると靴職人達がより長時間の作業に耐えられるように座面を...

大浴場とかでもあるあるですが、風呂上がりには素っ裸で座ってボーっとしたいものです。と思ってお尻の形をした椅子を買ったのですが、脱衣所にはしまう場所がなく邪魔。結局、洗面所の収納にしまってますのであまり使っていません。

●サーキュレーターを付けたい
●衣類乾燥機の位置が高すぎる
●椅子の収納場所が欲しかった

できればこれらも改善したかった

後悔しない脱衣所を作る方法

洗面所と脱衣所を分けるだけじゃダメだったんだとつくづく実感しました。さすがにアパート暮らしから完璧に未来を想像するのは無理があります。もし今洗面脱衣所が同じ家に住んでいて、新居では洗面所と脱衣所を別にしたいと思ってる人がいるのであれば、プロに依頼してみましょう。

【PR】 タウンライフ

注文住宅会社があなたの要望や希望に基づいて、家づくりに必要な「間取りプラン」を無料でご提案するサービスがあり、ネットで簡単に複数の住宅会社にオリジナルの「家づくり計画書」を依頼出来るんです。

●住宅展示場に行かず複数の住宅会社に合わずに自宅で家づくりが可能
●複数社のプランを同時に比較・検討できる
●利用は全て無料←無料以外ならやりませんよ

ちょっとでも気になる人は下記リンクから↓↓↓

注文住宅の間取りと費用相場の一括比較サイト|【公式】タウンライフ家づくり
【タウンライフ家づくりの注文住宅】注文住宅をするなら、タウンライフ家づくりにお任せください。間取り作成と費用相場の比較、優良ハウスメーカー、工務店に新築一戸建ての間取り作成依頼が一括で可能です。

築3年後の理想の脱衣所とは

築3年経過した今、どんな脱衣所が正解だったのかを絵にしてみました。

洗面所と分けるのは必須で、衣類乾燥機を設置しランドリールームと脱衣所を兼用すると考えた場合、こんな間取りはいかがでしょうか。4人家族であれば必要最小限でイイ感じの脱衣所になるのかなと思います。是非参考にしてみてください。

脱衣所だけで広さは2.5畳

暮らしてみた結果、脱衣所兼ランドリールームは2.5畳は必要です。

脱衣所に必須なのはもう洗濯機だけじゃありません。衣類乾燥機にタオル類の収納(パジャマや下着を置く人ならもっと)、洗濯カゴに風呂上がりの椅子。これらをまともに置いたら2.5畳は欲しい。LDKを削ってでも脱衣所の広さを確保してください。

1畳は何もない脱衣スペース

脱衣する空間は1畳あれば十分です。

立って半畳寝て一畳、両手を伸ばしても約一畳。風呂への通路も兼ねた脱衣スペースは一畳あれば十分、いや逆に一畳は確保したい。しかもこの一畳は空中にも床にも何も置かないようにしたい。これが快適な脱衣所の第一歩、これだけは死守してください。

腰高以上は何もない空間が〇

腰高以上には何もない状態をキープです。

一時的に洗濯物を干すのはギリセーフとしましょう。西側のサーキュレーターから東に干した洗濯物に風を当て、高窓で湿気を逃がす。洗濯が終われば目線には何もない状態。部屋着やパジャマも入って右の腰高の棚に4人分のカゴを置けるようにする。これで脱衣所は完璧です。

●脱衣所だけで広さは2.5畳
●1畳は何もない脱衣スペース
●腰高以上は何もない空間が〇

注文住宅を建てる際、洗面所と脱衣所を分けただけの末路についてのお話でした。分けただけで満足している人、ホントに後悔します。洗面脱衣所を制する者は家を制す、もっともっと脱衣所について日々勉強することをオススメ致します。

今回の記事を読んで考えた結果、脱衣所兼ランドリールームは取り合えず2.5畳を確保しました!って言われる日を心待ちにしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました