家族用玄関は一般人にはいらない!あれは豪邸の証なのである

玄関
スポンサーリンク

家族用玄関ってサイコーですよね。急な来客が来ても来客用玄関はキレイだし、家族用玄関は散らかしても文句言われないし。こんな便利な玄関を採用しないなんてあり得ないでしょ…って考えてるママ、お待たせしました。

結論から言いますと、家族用玄関はいらないんです!

注文住宅を建てる際、家族用玄関にしたいってワクワクしている人いますが、ちょっと待って!一般家庭に本当に家族用玄関って必要なのでしょうか?ここでは、家族用玄関についてわたしが考えた結果について説明してみようかと思います。

今注文住宅を計画中の方で、家族用玄関を採用しようかどうかについて考えている人、ほんのちょっとだけわたしの大きなひとりごとにお付き合い下さい。

スポンサーリンク

今の家族用玄関は昔とは違う

今流行りの家族用玄関って聞いたことありますか。

別名「ファミリー玄関」とか「2way玄関」とも呼ばれている玄関で、メイン玄関とゲスト玄関を分ける事を言います。要は家族用玄関と来客用玄関の2つの玄関があるって事。

いわゆる勝手口の事ではない

家族用玄関って要は勝手口でしょ。いいえ、それは違います。

私が子供の頃、学校から帰ると親が共働きで不在だったので(カギ開けっ放しの)裏の勝手口から家に入ってました。そう考えると、勝手口は家族用玄関とも言えますが、今はちょっとニュアンスが違っています。

玄関ドアはたったひとつだけ

玄関ドアが二つあるって事?それもまた間違いなのです。

ここで言う玄関とは、玄関ドアから家に入ったところの土間とホール部分の事を指すようです。なのでドアは1つだけど、土間とホールが家族用、来客用と分かれている事を家族用玄関と言っているのです。

収納の中を通り抜けれる玄関

要は、家族用玄関とは収納の中を通っていく玄関となります。

まずただいまと玄関に入ります。そこで土間収納からシューズクロークを通り、さらにコートクローク(もしくはファミリークローゼット)を通って家の中に入る。こんな玄関の事を家族用玄関としているのです。

●いわゆる勝手口の事ではない
●玄関ドアはたったひとつだけ
●収納の中を通り抜けれる玄関

ちょっと名前で勘違いしやすいよね

家族用玄関のメリットとは何

何故わざわざ玄関を分けたがるのか、そこに注目してみました。

昭和の時代、トイレが1つしかない家で育った私は、今トイレが2つあることのありがたみを知りました。玄関が1つしかない家…そんなに困った記憶が無いのですが、家族用玄関を作るメリットを集めました。

玄関に溢れる生活感を無くす

家族用玄関は、玄関の生活感が魔法のように無くせるのです。

靴に傘、ベビーカーや三輪車、カバンやアウターやダンボールなど。玄関には生活上なくてはならないものが溢れかえってます。それらすべてを家族用玄関に押し込むことで、来客用玄関はいつでもスッキリ。

ほっといても整うズボラ玄関

家族用玄関は、ズボラでも玄関がキレイを保てます。

靴を揃えるって無意味な作業、もうやめましょう。家族用玄関なら、靴を揃えなくてもイイんです。靴を揃えなさい!って叱る事も、揃えてなくてイライラすることも、もう無くなるんです。これサイコー。

自然に家の中に物が入らない

家族用玄関は、家中が散らかるのを防いでくれます。

ただいまと帰宅すると、リビングにカバンを置いて、アウターをソファにかけてと誰かが帰ってくると家が散らかります。しかし、家族用玄関を通るとすべて収納出来るようになっており、もう家は散らかりません。

●玄関に溢れる生活感を無くす
●ほっといても整うズボラ玄関
●自然に家の中に物が入らない

玄関が散らかる家にオススメ

家族用玄関のデメリットとは

そんな家族用玄関にもデメリットは多々あります。

2つ玄関を作るって感じですので、1つ玄関を作るより1.5倍から2倍のスペースが必要となり、当然ながらその分費用もUPします。ただそれだけじゃないデメリットもあるんです。

迂回するので動線が悪くなる

ほとんどの家族用玄関は動線が悪くなりがちです。

来客用玄関主体で間取りを考えているため、家族用玄関はサブ的ポジション。迂回するように作られている事が多く、遠回りになってます。使いにくい動線、そんな玄関を毎日使ってくれるのでしょうか。

狭くて使わなくなる可能性大

幅が狭い家族用玄関は使わなくなるとの噂。

最低1.5P(1365mm)の幅で作られているのを見ますが、これはホント狭い。可動棚を置くと廊下ぐらいしか幅がありません。そんな狭いところで服を脱ぎ着したりするのってかなり不便。つい広い来客用玄関を使ってしまいそう。

人が通るスペースが無駄すぎ

結局、ウォークスルー型の家族用玄関は通路が無駄。

WICにも言えますが、人が通る場所は結局デッドスペース。それよりも行き止まりにした方が収納力が何倍にも上がります。玄関という小さいスペース、普通の家なら収納量があった方が嬉しいに決まってます。

●迂回するので動線が悪くなる
●狭くて使わなくなる可能性大
●人が通るスペースが無駄すぎ

使わなきゃただの無駄だよね

家族用の玄関がいらない理由

家族用玄関、やっぱりいらないなと思います。

簡単に言うと、家族用玄関は常にキレイな玄関が保てる。ただし大きなスペースが必要って事。うむ、ここでちょっと家族用玄関のある家で住んでる事を想像しながら空想で生活してみましょう。やっぱ不要ですね。

来客なんて宅配便以外来ない

来客が年間何人来るのか…せいぜい宅配便だけでした。

来客ってほぼ宅配便のおじさん。100歩譲って月に2回ホントの来客があるとしましょう。それでも比率でいうとたったの6%。6%のために家族用玄関をわざわざ作るって、そんな余裕は一般人にはありません。

家族は汚い雑多な玄関を通る

てか、家族は常に汚い玄関使うんでしょ?誰が得するの。

いつ来るか分からない来客のために、狭くてごちゃついた家族用玄関を毎日使う家族。何の罰ゲームだよ!って感じです。せっかく家を建てるのなら、家族が使いやすい玄関にしましょうよ。

玄関は家の顔って考えが古い

玄関は家の顔、もはやこの考え終わってます。

確かに昔は不特定多数の人が玄関を見る機会があったでしょう。しかし基本はインターホンで終わる時代、玄関を開けるのなんてホントに用事がある人だけ。玄関は家の顔じゃなくて、ただの出入口なんです。

●来客なんて宅配便以外来ない
●家族は汚い雑多な玄関を通る
●玄関は家の顔って考えが古い
来客が少ない家はいらないな

家の玄関はひとつで問題なし

結局、うちは家族用玄関は採用しませんでした。

豪邸で来客も多かったら付けたかったかも知れませんが、宅配便しか来ないただの一般人ですからね(そもそも宅配便なら散らかってても気にしないし)今のところ玄関がひとつでもあんまり困ってません。

●一般家庭は玄関はひとつで〇

普通の玄関でも困りませんでした

家族用玄関を成功させるには

家族用玄関、成功するか否かは間取りに大きく左右されそうです。ありふれた間取りならば使われなくなってきっと後悔します。家族用玄関を成功させるには、プロに間取りを依頼するのが無難でしょう。

注文住宅会社があなたの要望や希望に基づいて、家づくりに必要な「間取りプラン」を無料でご提案するサービスがあり、ネットで簡単に複数の住宅会社にオリジナルの「家づくり計画書」を依頼出来るんです。

●住宅展示場に行かず複数の住宅会社に合わずに自宅で家づくりが可能
●複数社のプランを同時に比較・検討できる
●利用は全て無料←無料以外ならやりませんよ

ちょっとでも気になる人は下記リンクから↓↓↓

注文住宅の間取りと費用相場を比較|タウンライフ家づくりで注文住宅
注文住宅の間取り作成と費用相場の比較ならタウンライフ家づくり。優良ハウスメーカー、工務店に新築一戸建ての間取り作成依頼が可能。注文住宅の家を建てるならタウンライフ家づくり。

家族用玄関を採用する直前に

とは言っても、家族用玄関はかなり魅力的な間取りです。

ここまで読んでも家族用玄関を諦めきれない人もいるでしょう。そこで、最後の審判ではありませんがもうちょっとだけ家族用玄関をディスってみます。これでも考えが曲がらなければ即採用してください。

他にやりたい間取りが無いか

家族用玄関以上に優先する間取りは無いですか。

今はときめく間取りがいっぱいありますが、スペースの関係上すべては採用出来ないでしょう。ランドリールームやパントリー、洗面脱衣別、ファミリークローゼット。家族用玄関はこれらよりも必要でしょうか。

広い玄関の方が個人的に好き

家族用と来客用を分けるより、広い玄関のが良くないですか。

家族用玄関を作るなら、来客用と合わせると全部で四畳半とか六畳ぐらいの大きさが必要となります。それならばいっその事、大きな玄関ってどうでしょうか。そちらの方が来客にもインパクトを与えるかと思います。

しつけで片付いた玄関は可能

玄関が片付かないのなら、しっかり躾しましょう。

子供が靴を揃えないから家族用玄関、それは解決策ではありません。子供が大人になった時、他人の家で靴を揃えられない大人になると困るのは子供です。しっかり親として靴を揃える事ぐらい叩き込みましょう。

●他にやりたい間取りが無いか
●広い玄関の方が個人的に好き
●しつけで片付いた玄関は可能

注文住宅を建てる際、家族用玄関についてのお話でした。採用したくなる気持ちも分かるのですが、一般人には必須ではないかなと。年間数回しかない来客、その時ぐらいはしっかり玄関の掃除をする事をオススメします。

今回の記事を読んで考えた結果、家族用玄関は諦めました!って言われる日を心待ちにしております。

パパオミより

コメント

タイトルとURLをコピーしました