その土地買うのちょっと待て!土地購入直前に確認したい3つのブツと隣人トラブルを避ける3つの方法

土地
スポンサーリンク

いい土地が見つかったー!もうここにしよう!スーパーも近いし、駅からも近いし。けどもう他に確認すること無いよね?もう購入しちゃってもいいよね?そんな悩めるママ、お待たせしました。

結論から言いますと、土地購入前に3つのブツだけは確認してください!

購入直前まで来たらほぼ心は固まっているかと思いますが、隣人チェックは済んでますか?どんなにいい土地でも隣人に恵まれないと最悪な人生になってしまいます。隣人をチェックする方法とチェックポイントを紹介させて頂きますので実行していただければと思います。

土地購入の最終まで来て悩んでいる方、ほんのちょっとだけわたしの大きなひとりごとにお付き合い下さい。

スポンサーリンク

土地探しよりも隣人探し

土地を探すときには皆さんよくこう言います。職場に近い方がいい!学校が近いほうがいい!駅が近い方がいい!まあ、そうですよね。

その後はこんなことも言います。新興住宅地がいい!閑静な住宅街がいい!治安がいいとこがいい!なるほどね。しかし実はそんなものよりももっと重視すべきことがあります。

それが隣人!ご近所さんです。

どんなにいい土地でも隣人によっては最悪な人生を送らなければならなくなります。ホントに重要なのはいい土地ではなくいい隣人。これに尽きると思います。土地探しとは隣人探しなのです。

隣人トラブルは殺人まで起こるので、ホントに大切なことだと思います

隣人をチェックする3つの方法

わたしが思うに土地を買われる人のほとんどが隣人はイイ人が来ることに賭けているみたいな風潮のような気がします。新興住宅地で真っ先に土地を買う人いますが、個人的には信じられません。

隣に変な人が引っ越して来たらどうするの?みたいな。

それをなるべく回避するためにやって欲しいこと、やらなければならないことが3つありますので連絡しておきます。

近くの店に行ってみる。コンビニ、スーパーなど一番最寄りに行ってみましょう。おそらくご近所さんが行ってるはず。清潔かどうか、栄えてるかどうか、どんな住民が住んでるかが分かります。

土地周辺を車で通過する。同じ団地内の範囲内で平日土日、朝昼晩を変えて通ってみてもいいでしょう。すれ違った時の住民の態度、通行量の多い少ないなど気が付く点はいっぱいあります。

土地周辺を徒歩で散歩する。少なくとも半径100mぐらいの範囲は平日土日、朝昼晩を変えて散歩してみたほうが良いです。車で一瞬通り過ぎるだけでは分からなかった何かが見えてくると思います。

●最寄りのコンビニ、スーパーへ行く
●車で周辺を通過してみる
●歩ける範囲内で近所の散歩をする

そんなんする時間ないわ!って言いたくもなるでしょうが、土地は一生の買い物ですのでやり過ぎぐらいがちょうどいいんですよ。

この3つをすればある程度隣人チェックが出来るはずです

土地購入前に確認する3つのブツ

いい隣人とは何か?愛想がよくて可愛くて、物静かで性格も良くて…正直そんなものは付き合いが深くないと分かりません。ただ、いい人っぽいのはある程度判別は可能かも知れません。

それが顕著に表れるのが家と車、そして庭です。家を見て車を見て庭を見たら、ある程度こんな人なんだろうなってのが分かるような気がします。

それをふまえた上で、土地購入前に確認したい3つのブツを紹介します。

●最も重要視される人物というブツ

●敵意はないけど動物というブツ

●ほったらかしな植物というブツ

最も重要視される人物というブツ

彼らとうまくやらないと暗い未来が待ってます。

この投稿をInstagramで見る

BMW(@bmw)がシェアした投稿

購入前に直接会えればいいのですがそれってなかなかハードルが高いですよね?そこでわたしが確認したことは近隣の車の確認です。

どんな車種に乗っているか?どんなナンバーにしているか?路上駐車はしているか?最低この3つは確認しましょう※当然何度も見に行ってください。

頻繁に路上駐車していたり、それっぽい車に乗っていたり、あんなナンバーにしていたりすれば購入はやめた方がいいカモ知れません。

敵意はないけど動物というブツ

彼らは悪気はないんだろうけど一歩間違えば非常に迷惑になります。

この投稿をInstagramで見る

Aira(@aira8393)がシェアした投稿

この辺をウロウロしている動物集まってください!って言うて来てくれればいいですがそれはムツゴロウさんでも不可能でしょう。そこでわたしがしたことは近隣の散歩です。

散歩している中でめっちゃ吠える犬が前後左右にいないか?購入予定の土地付近に鳥フンが異常に落ちていないかどうか?最低この2つは確認しましょう※鳥フンは雨で流れるので晴れた日にも見に行ってください。

購入予定の土地の前を通ったら犬にめっちゃ吠えられたり、前面道路に鳥フンがめっちゃ落ちていたりすれば購入はやめた方がいいカモ知れません。

ほったらかしな植物というブツ

彼らはお世話しないと暴れん坊将軍となります。

この投稿をInstagramで見る

明田川奈穂美(@ake_chu)がシェアした投稿

確認したいのは向こう三軒両隣+裏。引っ越しであいさつに行く範囲ぐらいは最低でも必見です。これもまた近隣の散歩で確認出来ます。

近隣にキレイにガーデニングされているところとかは最高ですね。癒されます。借景というのでしょうか?窓からリビングから人の家のガーデニングを見たいところ。

しかし雑草生えっぱなしのところは要注意です。何年もほったらかしだったという証ですので、きっと植栽が自分の敷地に侵入してくるのも時間の問題でしょう。そんな家が隣近所にいた場合、購入はやめた方がいいカモ知れません。

人物、動物、植物。3つのブツである程度はその土地の良さが確認出来そうです

土地を探してもらいましょうか

間取りを決めてからそれに合った土地を探す、もしくは土地を探してからそこに合った間取りにする。どちらがいいとは言えませんが、わたしは土地を探してからの方がしっくりきますので、実際に土地を探してもらいましょう。

注文住宅会社があなたの要望や希望に基づいて、家づくりに必要な「間取りプラン」を無料でご提案するサービスがあり、ネットで簡単に複数の住宅会社にオリジナルの「家づくり計画書」を依頼出来るんです。

●住宅展示場に行かず複数の住宅会社に合わずに自宅で家づくりが可能
●複数社のプランを同時に比較・検討できる
●利用は全て無料←無料以外ならやりませんよ

ちょっとでも気になる人は下記リンクから↓↓↓

最適な間取りをご紹介|タウンライフ家づくり
タウンライフ家づくりは、当アドバイザーより、全国の優良企業から、あなたに合った注文住宅会社をご紹介いたします。無料であなたに合った注文住宅会社へとアテンドするサービスです。

オミの土地は隣人に恵まれた

実際にわたしが購入した土地を紹介しておきます。向こう三軒両隣+裏二軒のご挨拶に行きましたが皆さん予想通りの好印象でした。

正面の家は実は犬がいたみたいですが室内犬であり、普段は大人しく吠えた声を聞いたことはありません。両隣や裏はガーデニングをしたりしてますが雑草は定期的に処理してるみたいでキレイです。

路上駐車もほぼ見られず、郵便屋さんか宅配便、または工事業者が止めてるぐらい。やはり一般ルールが守れる人に変な人はいないって感じですね。

事前に調査が出来る旧新興住宅地、いわゆる成熟住宅地を選んだのは正解でした。

まだ隣が建ってないなどの新興住宅地だったら調査出来ないですからね

土地選びに失敗した2つの後悔

隣人にも恵まれ土地選びは大まかには成功だったーって思ってるのですが、事前チェックで見落としてしまった項目が2つありました。皆さまには是非これもチェックしておいた方がいいって思ったものをパパ目線で2つ教えておきます。

ノラ猫が庭に糞尿をする。わたしの家の庭がノラ猫の通り道になっているようで、週に1~2回ほど糞尿に悩まされています。よくよく見ると住宅街に結構ノラ猫が歩いているのを見落としてたようです。チェック時にはノラ猫の多さも注目してください。

ときどき牛舎の臭いのが激臭。事前調査ではあんまり感じなかったのですが1.5km先に牛舎がありました。毎日ではありませんが冬場に窓を開けると臭い日があります。土地を見に来た時には気にならなかったのでおそらく風向きによってでしょう。これは痛恨のミスでした。

●ノラ猫の多さがわからなかった
●嗅覚を研ぎ澄ませていなかった

皆さまはこの2点も追加で確認することをオススメします。

土地の広さの目安は200平米!固定資産税を低く抑えるギリギリの広さがこれ
そうだ、新築のために土地を買おう。って簡単に言ってみたけど、実は土地の必要な広さってよく分かんなかった。平米って何?元素記号の覚え方?(←それ水平、もしくはリーベだよ!)100平米って100坪?てな感じのレベルだった。結果的に、私は...

土地を選ぶ際、隣人の最終チェックをしてみてください。人物、動物、植物を見ればある程度は判別可能だと思います。ちょっとでも違和感があれば後悔する前にやめましょう。今回の記事を読んで隣人に恵まれました!って言われる日を心待ちにしております。

パパオミより

コメント

タイトルとURLをコピーしました