4回目の注文住宅の間取り打ち合わせ。omi間取りほぼほぼ決めたった(2階編)

スポンサードリンク




omiの間取りの打ち合わせも4回目となりました。

1階が決まってしまえば2階はほぼやる事なんぞありません。決めてた条件というか内容があります。その内容とは…

  • トイレが欲しい
  • 寝室・子供部屋×2・書斎・ファミリークローゼット
  • 子供部屋は小さく

こんな感じです。これでトイレなんて必然的に1階のトイレの上になるだろうし、階段の位置は決まっちゃってるだろうしって事でもうやれる事は限られてきております。って事で、その間取りをせっかくですのでのご紹介をさせて頂きます。言うときますけど北入りですからね、上が北。

スポンサードリンク




2階の間取り仮完成編

ほぼほぼ満足…ていうかむしろ広過ぎるんですよね。しかし、omiは層2階にこだわっておりますので結局その間にパーツを埋めて行くわけですよ。こんな感じになりました。

2階の間取りの全貌

こだわりとしましては、各部屋に収納を設けないってのがコンセプトでした。omiの実家には収納が各部屋にあり、階段下や玄関前にも収納が至る所に備え付けられています。そうすると結局行き着く先は…どこに何を入れたか分からなくなる!です。

結局収納って隠してるだけなんですよ。で隠したものは見つからないんです。隠す場所が多ければその分必要じゃないものも持っておくのです。例えば4畳半にはMAXでも4畳半のスペースしかおけません。自分が快適に過ごしたければ物を捨てるしかないのです。結局収納が多い=ゴミが多いってこの40年間で判断しました。

本当に必要なものって実は少ないんですよ、きっと。

寝室は南西にしました

ま、ここにした理由はそこまで具体的にないのですが、寝室の1階がちょうどリビングとなってます。リビングから移動し寝室に来る頃には1階は静まり返っているので音がうるさいとかはないでしょう。キッチンも逆に位置しているので朝から家事で起こされるってのもちょっとはマシなのかと(これがリビング階段ならうるさいでしょうね)

少し気になるのがトイレが遠い事ぐらいか。

トイレの音は結構うるさいので部屋と隣接しないように配置しました。

子供部屋は4.5畳を基準に

子供部屋は4.5畳にしました。まだ生まれておりませんので男か女かは不明。ちゃんと生まれてくるかも不明。1人か2人かも不明です。もし二人授かる事が出来たなら、この二つを与えようかと思います。

こだわりとしては、収納を付けない!全てを見渡せるようにしておくことが大事。

ちょっと気に入らないのがリビングを17畳にしたかった為にちょっと東西に延び、5.2畳になってしまったことですかね。緑部分のスペースが伸びちゃいました。ここは壁一面本棚にしようかなーって考えてます。

男なら右(うるさいから)、女なら真ん中の5.2畳の方ですかね。

子供が1人しか出来なければ1室をランドリールーム(室内洗濯物干し部屋)、1人も出来なかった場合、もう一つは相方の部屋になるでしょう(omiは書斎がありますからね)

書斎は道を見渡せる玄関上に

北玄関ってのはお伝えしましたが、書斎はどんどん追いやられてこんなところに落ち着きました。2.5畳ってのは広過ぎますね。言うたら個室感が欲しいのにこんな広かったらあんまし意味無い訳です。

omiちょっと変わってまして、広いお家に住みたい!て願望が無い訳です。必要最小限がベストだと考えておるタイプ。書斎はやっぱし2畳でいいなー。

収納たっぷり!だが廊下が6畳も

ファミリークローゼットは計算上最低6畳は必要と判断したのでしたので満足。

しかしちょっと世間より廊下が広過ぎると思いませんか?これも実は理由があって、主寝室にスムーズに入ろうとしたら、こうしなければならなかったのです。カクカクすると家具とかの搬入も微妙ですし(ベランダから入れるとか無しで)ちょっと面倒かなと。

そこで最初はセカンドリビングっぽくしようと思ったのですが、それならリビング階段と何ら変わりないやん!ってことで迷い中。

棒でもぶら下げて子供二人出来た場合のランドリールームにしようかと思ってます。

改善案が浮かんだんだけど

こうやってまとめている時にふと浮かんだのですが、おそらく寝室がセカンドリビングみたいになるのは目に見えてます。ファミリークローゼットももっと大きくても構いません。

書斎は2.5畳も要りません、子供部屋も5.2畳は要りませんって事は…

寝室9畳、ファミリークローゼット7畳にしたらよくない?そーすっと、書斎2畳、子供部屋4.5畳になって大きくしたいところが広まるやん。

うん、これいい!構造的に出来るかどうか不明ですけど、一度検討してもらいましょう。しかしそろそろ業者を選ぶべきなんだよね。

どーすっかな。

omi

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする