オール電化に黄信号!新築に必須な優秀すぎるガス設備ら3選

設備
スポンサーリンク

やっぱり新築といえばオール電化は基本で当たり前だよね。ガスは要らないのかって?オール電化あればそんなん要らないでしょ。ま、停電したら困るけど最悪カセットコンロを買っとけば問題ないし…って考えてるママ、お待たせしました。

結論から言いますと、オール電化ではなくガスも併用した方がイイかも!

注文住宅を建てる際、IHコンロのが掃除がしやすいしガスの基本料金払うのバカバカしいのでオール電化でって思いがちですが、ガスを設置しとかないと後悔するかも知れません。ここではガス設備の良さとオール電化の悪さについてお話でもしようかと思います。

今注文住宅を計画中の方で、ほとんどガスの知識もなくオール電化にしようと思ってる人、ほんのちょっとだけわたしの大きなひとりごとにお付き合い下さい。

スポンサーリンク

オール電化に即決したメリット

わたしがオール電化に決めた理由は、IHクッキングヒーターを使いたかったからです。

ガスコンロの掃除ってかなり苦痛なの知ってます?あの五徳とかいう嫌がらせのような形状を毎日掃除するとか苦行以外の何物でもない。IHコンロならばフラット形状なのでササっと拭き取るだけなので、誰でも簡単に瞬殺で掃除出来ます。

他には毎月5000~10000円もするガス代、使ってなくても取られる基本料金とかムダでしょ!そんなお金をドブに捨てるような余裕なんぞない。さらにIHは火が出ないので火事の心配もなく、子育て世代にも安全安心ですよ。

そう考えるとオール電化はメリットしかない!そう思ってました※緊急用にカセットコンロは必須ですけど

●オール電化はガスより掃除しやすく安全

このご時世ガスなんて使うヤツおるんかいな

ガスは家のどこで使われる?

ガスって家のどこで使われてるか知ってますか?実は想像しているよりもいろんなとこで使用しているみたいですね。

ガスを使うところと言えば、真っ先にキッチンのガスコンロが思い浮かぶ。いや、むしろそれ以外が浮かばなかったのですが、その他には主にお風呂(キッチンや洗面所なども)のお湯を出すための給湯器、さらにはガスファンヒーター、ガスストーブなどの暖房器具などもガスなんですって。

意外と知らなかった人も多いのではないでしょうか?オール電化はこれらすべてを電気で頑張ろうって事なんですね。

●キッチンの主ガスコンロ
●お湯を出すガス給湯器
●寒い地域のガス暖房器具

ガス暖房器具って見たことない!地域によるのかな

電気よりも優秀なガス設備3選

圧倒的にガスが不利な時代ではありますが、電気より勝っている事があります。

停電などの災害時においても火が使えるのもさることながら、設備においても電気を遥かに凌ぐものが存在します。新築を建てる際、何も考えずにオール電化にして後悔してしまう前に、優秀なガス設備についてご紹介致します。

ガスコンロ

料理好きならガスコンロって言葉がある。

鍋を振って料理する中華料理などの炒め物はガスコンロの方が美味しく出来るらしい、焼き魚などもそうらしい。鍋も種類を選ばず調理が出来るし、火を使って炙るなどもガスコンロでしかできない。鍋に火をつけるフランベもガスしか出来ないでしょう。

そんな料理好きな人に火の出ないIHが耐えられるでしょうか。

この投稿をInstagramで見る

間瀬 重治(@shigeharumase)がシェアした投稿

ガス温水式床暖房

床暖房なら電気よりガスってのは有名な話。

一般的には電気よりガスのが立ち上がりが早く暖まる時間が短いと言われており、月々のランニングコストも電気より安いとか。実家のリビングがガス床暖房なのですが、エアコンと比べると不快なモアッとした空気感もなく快適。

冬はガス床暖房だけで十分暖かいので、他の暖房器具は必要ないらしい。

ガス衣類乾燥機の幹太くん

衣類乾燥機が電気を遥かに超えててヤバい。

洗濯ものは外で干さずに乾燥機で乾かすのが主流になりつつあり、干さなくてもいいドラム式洗濯乾燥機が絶賛されています。そして今めちゃくちゃ流行っているのがガス衣類乾燥機の幹太くん。8キロが80分で乾く最速記録保持者で、家がコインランドリーになります。

正直この幹太くんを事前に知っていればガスにしてたかも知れません※家建てた後に知ってしまったのが悲しい現実

ガスコンロは掃除しにくいし床暖房は贅沢品だとしても、ガス衣類乾燥機の幹太くん。これ子育て世代には必須とも言えるべきアイテムではないでしょうか。

●ガスコンロ
●ガス温水式床暖房
●ガス衣類乾燥機の幹太くん

この3つに興味がないならオール電化でいいよ

ガス併用を考えた間取り

ガス衣類乾燥機の設置を考えた場合、ここまで考えてきた間取りは一度リセット。洗濯動線や部屋干しスペースを考える事がなくなり、より違うところに重きを置きましょう。そんな最新の間取りで失敗したくない人は、プロに依頼するのがベストです。

注文住宅会社があなたの要望や希望に基づいて、家づくりに必要な「間取りプラン」を無料でご提案するサービスがあり、ネットで簡単に複数の住宅会社にオリジナルの「家づくり計画書」を依頼出来るんです。

●住宅展示場に行かず複数の住宅会社に合わずに自宅で家づくりが可能
●複数社のプランを同時に比較・検討できる
●利用は全て無料←無料以外ならやりませんよ

ちょっとでも気になる人は下記リンクから↓↓↓

最適な間取りをご紹介|タウンライフ家づくり
タウンライフ家づくりは、当アドバイザーより、全国の優良企業から、あなたに合った注文住宅会社をご紹介いたします。無料であなたに合った注文住宅会社へとアテンドするサービスです。

オール電化の知られざる欠点

住んでから分かった話ですが、オール電化はまだまだ致命的な欠点がありました。

正直わたしが家建てたときはオール電化に対してほとんど知識がなく、これらの欠点を知りませんでした。知ってたとしたらガスを併用していたかも知れない内容が2点もあります。これらの欠点を知ってもまだオール電化にしたいでしょうか?

シャワー圧が弱すぎる

オール電化のシャワーの水圧、びっくりするほど弱いです。

以前のアパートはガスの給湯器を使用しており、MAXで浴びると身体が痛いぐらいの水圧を楽しめましたが、オール電化に引っ越してきて初めてシャワーを使用した時、弱すぎてある意味衝撃を受けました。念のため水圧を点検してもらったのですが、オール電化の水圧はこんなものらしい。

←水圧に異常なこだわりがある人はオール電化は絶対後悔します。わたしは水圧アップシャワーヘッドに交換しようかと考えています。

冬はお湯切れが心配

エコキュートにはお湯切れの心配があるらしい(まだ切れたことはないけど)

家族3人暮らしで冬場にお湯を使い過ぎると、一般的な4人家族用エコキュート370ℓでも最後はメモリがほぼありません。お湯切れを起こすと1人分のシャワーを使うには30分ぐらいは待たなければならないらしい。これってかなりヤバい話なのでは…。

←じゃんじゃんお湯を使いたい人は、エコキュートをサイズアップして460ℓにしてもいいかも。そうしないと、お風呂が最後の人は地獄を見るでしょう。

●シャワー圧が弱すぎる
●冬はお湯切れが心配

注文住宅を建てる際、オール電化(ガスを使用しない)について考えたお話でした。わたしは何の知識もなくオール電化にしてしまったのですが、これらの知識が最初からあればガスを併用していたかもと考える時があります※工務店ではガスの良さを教えてくれませんよ

今回の記事を読んで考えた結果、ガスも併用しました!って言われる日を心待ちにしております。

パパオミより

コメント

タイトルとURLをコピーしました